滋賀里病院には、うつ病・躁うつ病専門の外来があります。

  1. お電話
  2. メニュー

うつ病・躁うつ病専門外来

栗本直樹医師
精神保健指定医 精神科専門医・指導医
日本総合病院精神医学会専門医・特定指導医
滋賀医科大学付属病院精神科 非常勤講師

最先端治療の成果を元に、寛解をめざした集中治療を行います。

<専門領域>
うつ病、躁うつ病
特に休職中の患者さんの復職 
地域の精神科クリニック、産業医と連携し、滋賀県下だけでなく関西エリアより難治性うつ病の紹介を受け、最新のエビデンスを基に治療を行っています。
オンラインによるセカンドオピニオンも適宜行っております。
早期治療でうつ病は治ります。(以下に治療成績を開示しています)
一緒に治療しましょう。

<治療実績>
薬物療法、修正型電気けいれん療法(ECT)、認知行動療法(CBT)を併用した治療。
重症であれば入院して身体合併症の全身管理を並行して行いながら治療します。

平成24年度:復職率 71%(うつ病の96%が寛解維持、復職率93%。双極性障害の66%が寛解維持)

平成25年度 : 復職率 88% 未復職:3名
平成26年度 : 復職率 88% 未復職:3名
平成27年度 : 復職率 87% 未復職:2名
平成29年度 : 復職率 82% 未復職:3名

・寛解:当院では睡眠薬、抗不安薬等、対症療法の内服が無い状態まで治しています。
・復職:その後、再休職する方はまれです。

対象年齢 25歳~
対象となる症状 … うつ状態
意欲、集中力、思考力の低下(本が読めなくなった、TVを見ても面白くなくなった、復職できない、引きこもり等)
不眠、食欲低下、原因不明の身体症状(めまい、耳鳴り、しびれ、頭痛等、デパスがやめられない)

栗本直樹医師による滋賀医科大学における患者さま向けの「うつ病とは何か。うつ病の治療」に関するパンフレット

滋賀医大病院ニュースTOPICS 滋賀医大病院ニュースTOPICS

うつ病の診断、薬物治療、修正型電気けいれん療法(ECT)について

診察予約・ご質問は077-522-5426(外来担当看護師)までご連絡下さい。
予約のお電話は14:00~16:00にお願いします。
SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトは暗号化通信によって保護されています。

top