滋賀里病院のECTセンターではうつ病の診断、薬物治療、修正型電気けいれん療法(ECT)を行っています。

  1. お電話
  2. メール
  3. アクセス
  4. メニュー

ECTセンター

うつ病の診断、薬物治療、修正型電気けいれん療法(mECT)について

近年、治療を受けているうつ病患者さんが増加しています。一方で、うつ病は性格や考え方が悪い、怠けているだけ、病気ではないといった誤解が依然としてあり、うつ病の症状と治療に対する正しい理解が必要とされています。

当院におけるECTついて

平成29年度は252件と、滋賀県で最多の施行件数と寛解まで平均7.14回と最短の効果発現を、エビデンスに基づき、最新のECTを施行する事で提供しています。
難治性うつ病、躁うつ病、統合失調症の方の為に、 湖南地区だけでなく滋賀県全域はもちろん、京都、大阪、神戸、奈良といった近畿圏、中部地方からも患者さんは来られています。

治療実績

修正型電気けいれん療法(ECT)
有効率90%以上と臨床効果の非常に高いECTを平成20年から28年2月時点までの間に約4000件施行してきました。

当院での平成28年度ECTは107件施行
33%がうつ病、53%が躁うつ病の患者さんです。
入院期間は約2ヶ月間で、平均7.14 回で完全寛解しています。

平成24年度台うつ病の96%が寛解維持、復職率は93%。双極性障害の66%が寛解維持し、復職率は71%。

ECT施行医師

栗本直樹
<略歴>
平成16年
滋賀医大 卒業 国立精神・神経センター 武蔵病院
滋賀医大精神医学講座 助教、
平成18年
ECTチームーリーダー
滋賀医科大学付属病院 精神科病棟 病棟医長、
同精神科外来 外来医長を経て平成28年2月、当院でECTセンターを開設
滋賀医科大学非常勤講師(難治性うつ病ECT外来)
日本総合病院精神医学会 ECT委員会 委員

当院におけるECT患者さんの主な紹介元病院

滋賀医科大学付属病院精神科
大津赤十字病院精神科
長浜赤十字病院精神科
大津市民病院精神科
草津総合病院心療内科
他、県下の様々な精神科クリニックからの紹介を受けております。

うつ病とは何か

では、うつ病と判断できる、客観的にも分かる症状はなんでしょうか。
それはその人の元来の意欲、集中力、思考力や活動量等が低下することを意味する「制止」という、うつ病の幹ともいうべき主症状です。
例えば、新聞、雑誌、本を1時間集中して読むことができた人が5分しか集中できなくなる、料理を10品作ることができた主婦が、5品、3品と減り、メニューが考えられなくなって同じものを作ったり、総菜ものを買ってくるようになる、等です。
このように、元々できていた事ができなくなる、主症状「制止」が出現すると、それに続いて枝葉にあたる様々な副症状が出現します。
不眠、食欲低下はほとんどの人で出現しますが、副症状の現れ方は人それぞれで、原因不明の頭痛、めまい、耳鳴り、胸痛、頻尿、手足のしびれ等、全身に様々な身体化症状が起こる人もいれば、不安、気分の落ち込みがある人もない人もいます。
なかには、うつ病の一般的なイメージからはほど遠い、笑っていたり怒りっぽくなったりする人もいます。
一見すると様々な枝葉の副症状に幹である主症状の「制止」は隠れているため、医療者にも見逃されていることが多くあります。しかし、詳しく診察すると、「制止」が明らかになります。

うつ病の治療

うつ病の治療には、 ①生物学的治療(薬物療法、修正型電気けいれん療法、反復性経頭蓋磁気刺激法等)、②心理療法(認知行動療法等)、③環境調整があり、総合的に行うことが大切です。
今回は当院で行われている生物学的治療を紹介します。
薬物療法には大きく分けて、①根本的治療:抗うつ薬と②対処療法:抗不安薬、睡眠導入剤の2種類があります。
根本的な治療は抗うつ薬ですがすぐには効きません。そこで、効果が出てくるまでの間、さしあたって困る副症状を抑えるために抗不安薬を用いたり、不眠には睡眠薬を用いることもあります。
これらを内服すると表面的な枝葉の副症状が緩和されるため、治ったように錯覚しますが、一時的な対処療法なので注意が必要です。
十分な量の抗うつ薬を約1カ月程度飲み続けることが必要です。まず、幹となる主症状が消失、つまり意欲、集中力、思考力、活動量が元に戻ります。それに続いて、枝葉の副症状も改善します。
抗うつ薬の寛解率(薬を飲んでいれば治った状態が保てること)は60~70%です。
再発率が高いため、少なくとも半年から1年間は寛解時の量を飲み続けることが大切です。
対処療法の薬が必要なうちは治ったとは言えません。
うつ病の治療は落ちた意欲、集中力、思考力や活動量を元に戻すことです。
決して、性格を明るくする治療ではありません。元に戻す治療です!

書籍の案内

最新精神医学
第24巻 第3号 世論時報社
電気けいれん療法の発展:現状と今後の方向性
うつ病と双極性障害に対する電気けいれん療法
著者 栗本直樹
SSL グローバルサインのサイトシール

このサイトは暗号化通信によって保護されています。

top